0
カート

現在カート内に商品はございません。

0
カート

現在カート内に商品はございません。

【予約販売】チューリップ球根「ハウステンボス」(10球パック)

  • NEW
  • ショッピングの城限定
  • ハウステンボス限定
  • 期間限定商品
¥500 (税込)
商品コード: 05607515
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
チューリップに「ハウステンボス」という品種があるのをご存じですか?
ハウステンボス通販にて期間限定予約販売!!

■販売期間:2021年3月1日(月)~ 2021年5月10日(月)
■発送期間:2021年11月下旬ごろ

■球根情報
品種「ハウステンボス」(Huis Ten Bosch):系統 FR 中晩生
フリンジの切れ込みが美しい魅惑の2色咲き
Flower Bulb of The Year 2017年受賞品種

■植込み時期:1月中旬までに植え込みをお願い致します。
※通常植え込み適期は秋10月中旬~12月
冷蔵(5℃)保管された球根の為、冬12月~1月中旬までに植え込みを行えば3月下旬~4月上旬に開花致します。

開花時期:3月下旬~4月上旬 ※気候により開花時期は異なります。
草丈:40~60cm
栽培方法:
冷蔵保管された球根の為、植えつけ適期は12月~1月中旬です。
日当たりのよい場所で、よく耕した土に化学肥料等をまぜ、球根の高さの3倍ほどの深さに植えます。一定期間低温に当たることで開花しますので、鉢植えでも冬は戸外の寒い場所で管理してください。また、水切れすると花が咲かなくなりますので、冬もたっぷり水をやってください。
(沖縄地域では花が咲かないことがありますので、ご注意ください)
チューリップは球根の方向をそろえて植えると葉の出る方向が揃い、たくさんのチューリップを美しく見せる事ができます。

チューリップの本場で、世界最大の球根生産・輸出国であるオランダの王立球根生産者協会が1996年に発行した「チューリップ品種の分類と国際リスト」によればなんと5600品種ものチューリップが記載されています。

品種改良はいまも続けられており、将来はさらに種類が増えることが予想されますが、その新しい品種のなかで高い人気を誇るものがあります。


2000年に登場した「ハウステンボス」です。


もともとはオランダの育種家が23年以上もかけて改良を重ねてつくった無名の品種。ハウステンボスでは、2000年に迎える日蘭交流400周年に向けて「ハウステンボス」という名前のチューリップができたらいいねという社のトップの想いから、王立オランダ球根組合(KAVB)に登録前の品種を調べていたところだったのですが、ちょうど「フリンジ咲き」のこの品種が目に留まりました。

「フリンジ咲き」とは花びらの先がフリルのように細かく切れ込みが入ったもので選ばれた品種は「ファンシーフリル」と「ヨハン・グーテンベルグという「フリンジ咲き」をかけあわせて作られていました。さっそく20球程度を試験栽培する運びになったのです。

花が開いたその姿は可愛らしく気品も備わったものでした。これはハウステンボスにふさわしいということになり、1999年6月、オランダ球根組合に「ハウステンボス」という名前で正式に登録2000年春の「チューリップ祭」で、無事、デビューを果しました。

ページトップへ