ハウステンボスオリジナル ハウステンボス限定
10000005~10000008

オリジナル 九州の実り

価格(税込):
700
オリジナル 九州の実り
九州の素材にこだわった、「九州の実り」シリーズが誕生!宮崎産のゆず果汁、きんかん果汁、日向夏果汁を使用しすっきりした味わいです。

■ゆずエール 

日本古来よりその独特で爽やかな香りが愛されてきた柚子。
その果皮は香り付けとして日本料理には欠かせない存在で、
宮崎県でも柚子こしょうやドレッシング、和洋菓子などに利用されています。
柚子の上品で爽やかな香りは「ユズノン」と呼ばれる特有の香気成分に
由来し、その含有量は柚子の果実をそのまま皮ごと絞った果汁に最も
多く含まれている事が分かっています。
ゆずエールは宮崎県産柚子をまるごと絞った「ユズノン」たっぷりの
香り豊かな果汁を原料に使用した、香りを愛でるエールタイプの発泡酒です。

■宮崎きんかん

宮崎県は、全国の金柑(きんかん)生産量の約6割を占める日本一の生産地です。
中国浙江省原産のミカン科キンカン属の常緑低木で、別名「金橘」。
ビタミンC・クエン酸がたっぷりのため、風邪の予防にと甘露煮や生のままガブリと
食べた経験がある方も少なくないと思います。
宮崎きんかんラガーは、程よい酸味と甘みが濃く美味しい宮崎きんかん果汁を原料に使用しており、
独特の柑橘香がまるごとお口にひろがります。
ジャパンビアカップ2015 フレーバービールボトル部門金賞
・東京ビアフェス2015 東京都知事賞受賞

■宮崎日向夏(みやざきひゅうがなつ)

日向夏は、宮崎県原産の柑橘で、宮崎県が生産量日本一を誇る特産果樹です。
文政年間(1818〜1829)に赤江町曽井(現在の宮崎市赤江)の真方安太郎邸内で偶発実生として発見されました。
明治時代末期に宮崎県の産業として栽培が盛んになり「日向夏」とブランド名がついたのは、昭和47年になっての事。
高知の「小夏」や伊豆の「ニュー・サマー・オレンジ」も大正時代に宮崎県から広がっていったものだそうです。
外皮は黄色、果肉は淡黄色で果汁はたっぷり、果肉との間に 厚め白い内皮があり、生食用はこの白い内皮を残したままカットします。
宮崎日向夏ラガーは、酸味ほどよく香気のある宮崎県産日向夏を原料に使用しています。

ホップの香りと日向夏の香りが絶妙にマッチ、爽やかな喉越しが特徴です。
ジャパンビアカップ2011フレーバービール部門銅賞
2011年東京都知事賞グランプリ受賞
インターナショナルビアカップ2014フルーツビール部門金賞受賞
2013.1.17 『アサデス九州・山口』にて紹介された日向夏ラガーです。